スポンサードリンク

法人印の種類

法人印にも実に様々な種類がありますが、法人設立時に用意するのは大体以下の3本です。

法人設立登記には法人実印だけで十分ですが、銀行印も角印もまず間違いなく必要になりますので、実印と3本セットで設立時に購入するのが一般的です。

そのほか、住所や電話番号などが入ったゴム印をはじめとする各種のはんこも必要になりますので、その都度買い増していきます。

①法人実印(代表取締役印)

文字通り法人を代表する印鑑です。法人設立や各種契約などに使う最も重要な印鑑です。

法人設立に必要なため、絶対に必要な印鑑になります。

2重の円の外側に法人名、内側に「代表取締役印」や「代表者印」など、会社を代表する者を表す文字が入ります。



例:電脳ビジネスパートナー株式会社の代表取締役印



②法人銀行印

法人名義の銀行口座を作るのに必要な銀行印です。

個人同様に実印で口座を作ることもできますが、セキュリティーなどを考えれば分けるのが普通です。

2重の円の外側に法人名、内側に「銀行之印」と入ります。



例:電脳ビジネスパートナー株式会社の銀行印



③角印

角印は少し大きめの四角い印鑑です。
社内の書類や、法人実印を押すほどでもない書類に使います。

領収証や請求書、見積書や納品書などの日常的に良く使う書類にも使うケースが多いので、
使用頻度は高めです。

法人名が右上から縦書きで入ります。
デザイン上、文字数がうまく合わない場合は、法人名の後に「」や「之印」と入ります。



例:電脳ビジネスパートナー株式会社の角印







このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています